フリーCGIの配布&CGI・ホームページの制作サイト サポート掲示板検索 
メインメニュー
HOME
CGI利用規程
リンクについて
トクトク情報
パソコン情報
メルマガ登録
お奨めサーバー紹介
事業者登録
広告掲載お問い合わせ
アンケート(ご協力下さい)

Free CGI Script
グラフィックカウンター
ログカウンター
テキストカウンター
ページカウンター
ダウンロードカウンター
アップBBS
カラーBBS
ツリーBBS
シンプルBBS
シンプルBBS EX
iモードBBS
i-BBS
カレンダー
Diary(日記)
管理者ボード
My日記
リンクロゴ
シンプルチャット
iチャット
iクイズ
Myフォーラム


お薦めCGI提供サイト
WA!!!ランキング
CGI-NOW
さーちえんじん

CGI・HP制作
CGI制作の順序
制作料金表
見積依頼 (無料)
制作依頼




CGI-NOW-ID
ランキングサイト


















カレンダー

■ 概要
  • 最新バージョン V1.00 です。(2002-12-01リリース)

  • HTMLファイルに貼り付けるタイプのカレンダーCGIです。
    どのページにもカレンダーを表示させる事が可能です。
  • 表示色やテーブル色はお好みで変更可能です。
  • SSIが使えるサーバーのみご利用出来ます。
  • 【サンプル表示】
    以下のように、HTMLファイルに貼り付ける事が出来ます。

    2004 年 01 月
    - - - - 1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31

    上記のカレンダーはサンプルのため動作していませんが、実際は、本日の日付は色が変わって表示されます。月が変わると自動的に翌月のカレンダーに切り替わります。


■ ダウンロード
  • calender.lzh (10KB)
  • ダウンロードすると以下のファイルが圧縮されています。

    1. calender.cgi
    2. calender_setfile.cgi
    3. jcode.pl

■ 設定
サーバーでSSIを利用できるようにする

  1. SSIを利用するには、まず以下のことを確認してください。

    1. プロバイダーがSSIの使用許可をしている。使用出来ないプロバイダーも多くあります。
    2. SSIを使用するHTMLファイルの拡張子を「shtml」にしなくてはならない場合もあります。
    3. ピリオドで始まる「.htaccess」ファイルを設定する必要がある場合もあります。

  2. 「.htaccess」を設定する必要がある場合は、HTML文章(カレンダーを付けるファイル)のディレクトリに以下の記述を書いて設置します。メモ帳などで記述します。
    注意)記述したら、最後の行で必ず「エンターキー」を押して、改行してください。

    1. 拡張子「shtml」でSSIが利用できるようにする。

      AddType text/x-server-parsed-html .shtml

      上記の記述で動作しない場合は、以下のように書き換えます。

      Options Includes
      AddType text/x-server-parsed-html .shtml

    2. 拡張子「html」でSSIがを利用できるようにする。
      拡張子「html」で動作できるか確認してから行ってください。拡張子「shtml」でSSIを利用する方は、この設定は必要ありません。

      AddType text/x-server-parsed-html .shtml .html

      拡張子「html」より「shtml」にすることで、サーバーへの負荷を低減します。


calender.cgiの初期設定

  1. 解凍後、calender.cgi をメモ帳などのエディタで開きます。
  2. 1行目をサーバー指定のPerlのパスに変更する。
    #!/usr/bin/perl
    #!/usr/local/bin/perl または #!/usr/bin/perl のはずです。不明の場合は、プロバイダー、サーバー管理者にお尋ね下さい。

calender_setfile.cgiのオプション設定

 ●各種設定

  1. $jcode = './jcode.pl';
    jcode.plの位置を相対パスまたは絶対パスで指定します。calender.cgiと同じディレクトリに設置した場合は、このままで結構です。

  2. $nor_color = "#000000";
    カレンダーの平日の文字色を設定します。

    以上のように、各文字色、背景色等を設定します。

  3. @week = ('日','月','火','水','木','金','土');
    カレンダーの曜日文字フォーマットです。
    英語で表示したい場合は、英語で記入して下さい。
カレンダーを貼り付けるHTMLファイルの設定
  1. 次項の「アップロード」で行う、構成でアップした場合を想定に説明します。
  2. 貼り付けたいHTMLファイルを開きます。
  3. カレンダーを付けたい場所に以下の記述を書きます。

    #exec cgi が利用できる場合

    <!--#exec cgi="./cgi-bin/calender.cgi" -->


    #exec cmd が利用できる場合

    <!--#exec cmd="./cgi-bin/calender.pl" -->

    この場合は、calender.cgi を calender.pl にファイル名を変更して下さい。


    注意
    ※サーバーによっては、上の階層や下の階層を設定できない場合があり、
     <!--#exec cgi="./calender.cgi" -->や<!--#exec cmd="./calender.pl" --> とし、カレンダーを貼り付けるHTMLファイルと同じディレクトリに設置しなければなりませんので注意して下さい。

■ アップロード
アップロードの前に準備するもの
  • FTPソフト。(ホームページビルダーのファイル転送でも結構です)
    FTPソフトの使用方法については、サポートできませんので、ご使用のソフトのヘルプ等をご覧下さい。

アップロード
  1. FTPソフトでサーバーに接続する。
  2. サーバーに「cgi-bin」ディレクトリを作成します。
  3. ファイルを転送します。ファイルの転送場所は、以下の構成を推奨します。CGIの設置に詳しい方は、ご自分の好きなディレクトリに設置して下さい。
  4. ファイルのパーミッション(アクセス権や属性とも言う)を変更します。

    ●設置例(1)
    public_html/ (homeやhtmlの場合もあります)
       │
       ├ index.html(カレンダーを貼り付けるファイル)
       |
       ├ cgi-bin/ (作成する)
       |  ├ calender.cgi
       |  ├ calender_setfile.cgi
       |  ├ jcode.pl

    ※上の階層や下の階層を指定できない場合
    ●設置例(2)
    public_html/ (homeやhtmlの場合もあります)
       │
       ├ index.html(カレンダーを貼り付けるファイル)
       ├ calender.cgi
       ├ calender_setfile.cgi
       ├ jcode.pl


    ファイル名 パーミッション 転送モード
    calender.cgi 755または701 アスキー
    calender_setfile.cgi 644または600 アスキー
    jcode.pl 755 アスキー

■ 更新履歴
  • V1.00 (2002-12-01) 正式リリース。

Copyright (C) 2016 CGIダウンロード All Rights Reserved.